読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TKによるNBAの雑談

NBAに関する見解や考察などなど(たまに自分のことも)発信します

今シーズンも終盤戦!ここで気になるのは…前編

どうも!NBAのオフシーズンの間何の記事書こかなと悩みに悩んでた挙句、気がついたら前回の投稿から1週間過ぎてたTKです!(ちゃんとネタは思いついたのでお許しください☺)

今回は今シーズンも終盤戦に入ったということで気になる、レイオフ進出チームイースタンカンファレンス編です!!

カンファレンスのトップの順位のチームはおいといて、7位〜10位の入れ替えの可能性が高いチームを見ていきたいと思います!
とりあえず、これを見てください。
(NBAのアプリより)

まず、僕が驚いたのが
ピストンズ7位なんや…てところです笑

8位がブルズ。僕の中でなかなか高評価の選手である今ではなかなかいない古風のゴリゴリで泥臭いインサイドプレイヤーのダージギブソンを手放した理由が本当に分からない…。
9位がヒート。ウェイターズの知名度と同時にチームの勝率もグングン上がっている今勢いのあるチーム。正直なところ、デリックウェリアムズをもっとうまいこと起用できていればもっと上位に組み込めたはず(キャブスにデリックウェリアムズが移籍してデリックウェリアムズのポテンシャルの高さを知った人はわかると思います。)。あと、全体的に若いチームなのでベテランのガードの選手が欲しいところ。ドラギッチはどっちかというとスコアラータイプだと思ったので。
10位バックス。アンテトクンポ、確かにあの身長とポテンシャルの高さはガードとして右に出る者はいない。ただ、アウトサイドでのスコアリング能力が低いかなと思います。アンテトクンポと共に勢いがあったジャバリパーカーがケガで離脱したのは本当にバックスにとって痛手だと思います。

このように、自分で各チームを分析した結果こんな感じです!
個人的にはヒートはプレイオフ進出の可能性が1番あると思い、また頑張って欲しいと思ってます😎

今回は以上です。次回はウェスタンカンファレンスについて述べていきたいと思います!