TKによるNBAの雑談

NBAに関する見解や考察などなど(たまに自分のことも)発信します

NBAから学べ!No.0

どうも!先日、マルチ商法の人にブログを馬鹿にされたTKです!笑
今回からは、NBAからバスケのテクニックなどを学んでいこうという回です!
そして、今回はとりあえずプロローグできな感じでやっていきます!

前提として、僕は身長170cm体重84kg、つまりデブです!
そんな僕ですがこの体で中学生からずっとバスケをしてきました。(何故中学生からやってて痩せてないかはふれないでください笑)
そして、よく言われるあだ名が…
「動けるデブ」です笑
結構、他人から見ればこの体で軽やかな動きをするのが不思議なんですかね?笑

まぁこんな僕なんですが、部活という枠組みから外れてからもバスケを続けていて、もっと上手くなりたい!と思い自分で練習を考えやっています。
部活の時は指導者がいたのですが、自分で練習するもなるともちろん指導者がいないので、NBAを参考にして練習しようと思いました!

そこで、まず始めたのが、シュートフォームの改善!
シュートフォームの改善は、スキルとしてはもちろんのこと見栄えも良くなります!


いくらバスケが上手くてもこんなシュートフォームじゃ…😥

ということで、NBAから学べ!の第1章は「シュートフォーム編」です!
正直まだ僕自身完璧ではないです笑
完璧ではないからこそ、ブログで説明することによって理解力が深まるかなと思ってます!笑

当たり前のことばかりかもしれませんが、その当たり前ができてなくて苦労するパターンて意外と多いんじゃないのかな?🤔と思っているので、もし参考になる!と思った方はチャレンジしてみてください!

今回はプロローグなのでここまでです!

ではまた来週!

なぜバスケが好きになったのか。(バスケの捉え方)

どうも!TKです!
今回はなぜ僕はバスケが好きになったのか、そして今バスケをどのように捉えてるのかという、完全に「誰得やねん!」という話をしようと思います!

僕は小学校高学年の夏休みにスラムダンクのアニメをずーっと見てて、バスケに出会いました。
その時の印象は「ダンクかっけー!」笑
そして、中学生になり、バスケ部に入ったのですが、
「バスケめっちゃむずいやん…」
て、なってしまいました笑
その頃に僕はYouTubeでストリートバスケのドリブルの動画を見ました。
その時に、「ドリブルかっけー!バスケはダンクだけじゃないやん!」って思いました。

いや、なんの話やねんと…
何が言いたいかというとバスケはダンクだけじゃないってことです笑

ここからはバスケの捉え方の話になっていくんですけど、
バスケには色んな魅力があるんですよ…
シュートだけでなく、パス、ドリブル、ディフェンスなど…
そこで僕は、バスケはただのスポーツではない!エンターテイメント性もある!と気づきました笑
それに加え、大学生になり、バスケをしていることで多くの人と知り合いになれました!
バスケはコミュニケーションツールにもなるんや…と思いました。

いや、ほんまに話がむちゃくちゃですよね…
すみません…

まぁ何が言いたいかというと、僕は
バスケは、ただのスポーツではなく、エンターテイメント性をそなえたコミュニケーションツール!と捉えているということです。

もう60記事ほどブログを投稿しているにもかかわらず、今更このような話をするのもおかしい話なんですけどね笑


次回からはNBAからバスケのテクニックなどを実体験を元にして、述べていこうかと思っています!
それではまた!

ウォーリアーズ優勝!! (+今後の告知)

どうも!昨日ブログ書こ思っていたけど爆睡かましてできなかったTKです!

はい!やっていきます!
ウォーリアーズ優勝!!

(warriorsさんのInstagramより)

いやー、ほんとに悔しいですけどウォーリアーズはやはり強かったです笑
デュラントもやっと優勝の証を得られましたね笑

デュラント加入による批判、パチュリアの批判、、、
色々批判がある中、結果的に優勝できてすごいなと思いました!

ファイナルでもキャバリアーズの大穴となっているディフェンスの弱さを上手くついて勝利を掴んでいたのでカーHCの活躍にも脱帽です笑

キャバリアーズはやはりディフェンスでしたね。
オフェンスが上手くいかなくなるとディフェンスが崩れてしまう…
ジェームズはプレイメーカーを強く求め、オフェンス面での強化を図っていましたが、
オフェンス面の強化よりディフェンス面の強化の方が優先するべきだったのではないのでしょうか…
まぁ、これは結果論なんですけどね笑

ファイナル序盤では、グリーンの活躍をまだ抑えられていましたが、(クレイ)トンプソンにやられまくり…
逆に(トリスタン)トンプソンが抑えられ、game5ではラブが抑えられていました。
バスケはやはり攻守揃ってこそ勝利に繋がるのかとシミジミ感じました…(僕自身にも響くものがありました笑)



はい!とりあえず、ウォーリアーズ優勝おめでとうございますというとこで、ここからはオフシーズンでの告知的なことを述べていきます!
・今更ながらなぜ僕がバスケを好きになったか(誰得やねん)
NBAから学べるバスケテクニック
・FA選手の考察 などなど…
やっていこうかなと思ってます笑
このブログ自身本当に自己満のブログなので、「誰が見るねん!」と思うものが多いと思いますが、見てくれたら嬉しいなーって思います笑
更新頻度は週1のつもりです!
Twitterでめちゃくちゃ見て欲しいアピールするので、お情けのつもりで見てください笑

プレイオフファイナル!第4戦

どうも!TKです!
早速やっていきます!

(CAVSのInstagramより)
GSW vs CLE 116-137
がけっぷちからのキャバリアーズ勝利!!
まだ、背水の陣という状況ですが…笑

今試合は、初めてライブ放送で見ました!
いつもハイライトなので、試合でしか味わえない緊張感などが味わえて良かったです笑

はい!それでは今回の主役を紹介します!

(beyondthebuzzerさんのInstagramより)
アービングです!
今試合は本当に大活躍と言っていいでしょ!笑
FG%、3P%共に50%超え。
驚異的です…
さらに、今試合はようやくトンプソンが仕事していた!
10リバウンドとか久しぶりに見ました笑
ジェームズはトリプルダブル、言うことなし!笑

逆に、ウォーリアーズはグリーン、カリー、トンプソンの調子が良くなかったですね。
グリーンはフレグラントファールとられるし…
デュラントも35得点ですがFG%、3P%で見るとあんまりだったなとは思います。

今試合は序盤からキャバリアーズペースでした。
そのペースにのまれたのか、ウォーリアーズのスコアラーの調子がイマイチでした。

しかし、次の試合はウォーリアーズのホームなので勢いがつくと止まらないと思います。
キャバリアーズはどのようにして勝利を勝ち取るのか、注目ですね!

プレイオフファイナル!第3戦

どうも!TKです!
はい!今日もやって行きます笑

(CAVSのInstagramより)

GSW vs CLE 118-113
いやー、惜しかった😥
これほど見応えある試合を見たらアドレナリンが…笑
キャバリアーズはほんとにジェームズとアービングだけでしたね。
正直この2人以外は仕事させてもらえてませんでした。
トンプソンは言うまでもなく、ラブはただのゴール下プレイヤーと言っても過言ではなかったです。
アービングも38得点してますが、3Pは0/7で0%。
Twitterとかでアービング大活躍!みたいなツイートをよく見ましたが、3Pが0%という事実と向き合って果たして大活躍と言えるのか…😥
逆にウォーリアーズはデュラント、トンプソン、カリーのBIG3の怒涛のオフェンスがすごかった…
特に、終盤のデュラントはトリハダもんでした笑
グリーン、イグドラもしっかり仕事(BIG3のサポート)をしっかりこなしていました。
認めたくないですけど、良いチームですよね…笑
正直、僕はどっちかというとキャバリアーズに勝ってほしいと思っているので(アービング好きなんすよー笑)、今試合勝てなかったのはなかなか痛い…と思ってます😭

ウォーリアーズは王手をかけている状態であり、キャバリアーズは背水の陣…
次の試合で終わってしまうのか…ま、まだ!分かりませんけどね!笑

プレイオフ ファイナル!第2戦

どうも!TKです!
早速、ファイナル第2戦やっていきましょう!

(warriorsのInstagramより)
CLE vs GSW 113-132
約20点差をつけてウォーリアーズが勝利しました。
しかし、第1戦の時よりも差は無いかなと感じました!
実際、試合中盤まで対して点差が生まれてなかったですしね!
ターンオーバー数で見ると、キャバリアーズが9に対してウォーリアーズは20。
大概、これぐらいターンオーバーに差が出ると、ターンオーバーが少ないチームが勝つのですが…😅
ウォーリアーズの良かった所はDFですね!
アービングのFG率を30%代に抑え、JRスミスに関しては0点!トンプソンに仕事もさせてなかったしいう事ないですね笑
あとは、3Pのシュート本数で差をつけていました。
キャバリアーズが29に対してウォーリアーズは43
(なんか、セルティックスとウィザーズの試合思い出した…笑)
ウォーリアーズのOF面ではトンプソンが息を吹き返してました。
20点以上とってるのは久しぶりに見ました笑
やはり、ファイナルに備えていたのか…🤔?
先ほど、第1戦より差は無いといったのですが、スタッツを掘り進めて見ると意外と差がありましたね笑
しかーし!
去年のファイナルでは1勝3敗からキャバリアーズが追い上げて優勝したので、まだ!どうなるかはわかりません!!

プレイオフ ファイナル!第1戦

どうも!TKです!
いやー、やっとですよ!
ここ数日間がとても長く感じました笑

て、ことでファイナル第1戦やっていきましょう!

CLE vs GSW 91-113
はい!キャバリアーズ完敗でした!
DFはポロポロ、ターンオーバーしまくりで、俯瞰的に見ると「緊張感ないのかな?」と思えるぐらいでした!
まぁ、正直この差だけかなと思っていましたが(Twitterでもめっちゃ言われていたし)、よくよくスタッツを見て見ると、デュラントとカリーがすごすぎることに気がつきました。
実は、デュラントとカリーはフィールドゴール率、そして3P率が50%を超えているです。
これに対して、キャバリアーズのスタメンでフィールドゴール率、3P率が共に50%を超えている選手はいませんでした。
この差はなかなかなものではないでしょうか。
ジェームズは28得点、15リバウンド、8アシストと申し分ない成績ですが、もっと、オフェンス重視にするべきです。
ジェームズはオールラウンドの選手なので、なんでもこなそうとしすぎな気がします。
それにより、ボール保持時間が長くなり、8ターンオーバー(チーム全体は20)。
もっとゲームメイカーとして加入したデロンウィリアムスを起用し、ジェームズ自身はデュラントに負けないほどオフェンスに重視し、DF面で定評があるシャンパートを起用するべきではないかなと思いました!
まぁ、まだ第1戦て言うのもあるので、まだまだこれからだと思いますが、、、笑

今回は以上です!