読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TKによるNBAの雑談

NBAに関する見解や考察などなど(たまに自分のことも)発信します

プレイオフ!

どうも!計画通りに物事が進んでいなくて少し苛立っているTKです!
フライングします!
今回はこの人!

ジョン ウォール!!

はい、とりあえずいつもの。

BOS vs WAS 91-92
まぁ、何と言ってもジョンウォールですね笑
最後のビッグショットですよ!
まぁ、とりあえずこれはこれで置いといて笑

前の記事でセルティックスvsウィザーズを取り上げた時、ウィザーズはどのようにセルティックスを攻略していくのか注目!的な事を書いたと思うのですが、
今回の試合を観て、これは攻略というより執念じみたものを感じました笑
前回の試合では完全にオフェンスを封じられていたウィザーズ。
今試合では、リバウンドからのリスタートが特に良かった気がします!
そう、ウォールです。
ウォールがリバウンドを取り、そこから1人で電光石火の如く…
DFというのはセットされていなければ、個人のDF能力が問われます。
NBA界で1番といっても過言ではないウォールのスピードが乗ったドライブをセルティックスは止めきれていませんでした。
それに加え、外からでも中からでも攻められるモリスの活躍、ウォールと並んで主軸になっているビールの活躍、ゴール下の要ゴーダットの活躍が勝利に繋がっと思います。

しかし、ポーターが0得点というところは「え?」ってなりました笑(セルティックスファンに叩かれまくっているウーブレも0得点)

セルティックス側で見てみると、正直完璧でした。
前回の試合と変わらないぐらいに。
3Pの本数もウィザーズが24本に比べ35本。
今までの傾向からすれば勝つはずでした。

今試合で、言える事はセルティックスはウィザーズに負けたのではなくジョン ウォールという男に負けたんだと思います。

次のgame7が泣いても笑っても最後。
正直どっちが勝ってもおかしくないと思います!

今回は以上です。
5月13日(現地日付)は試合がないので明日はお休みします。