読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TKによるNBAの雑談

NBAに関する見解や考察などなど(たまに自分のことも)発信します

現在進行形でバスケしてる人必見!参考にすべきシューター!

どうも!明日クラブチームの練習試合があり、無駄に緊張してるTKです!

日頃、シューティングをしている時、僕は綺麗なシュートフォームを意識してます。NBAは参考にならなきと思っている方もいると思いますが、シュートフォームに関してはとても参考になる部分が多いです。
なので、今回はTKが見る参考にすべきシューターを見て行きたいと思います!

まずは、僕が参考にしているシューターを挙げていきます
ステファン カリー
カーメロ アンソニー
JJ レディック
以上の3名です。

まずは、ステファン カリーから
カリーのシュートフォームは本当に独特です。
カリーを好きになった人、カリーを参考している人、色々な人がいると思います。
しかし!カリーのシュートフォームを真似している人、あなたは見るところ間違ってます!
カリーのシュートフォームの真似をしている人は大抵、すごいクイックモーションでシュートしていますが、それではダメです。
カリーのシュートフォームで参考にするべき所は足の使い方、特に膝です。
セットシュートを思い返して見てください
順序としては
①膝を曲げ
②ボールを持ち上げる
③ジャンプし、膝で貯めた力を利用しシュートを放つ

カリーのシュートが早く見えるのは①の部分がないからです。つまり、最初から膝を曲げているのでシュートが早いのです。
なので、カリーを参考にする際は、足の使い方に着目するようにしてください😎

次にカーメロ アンソニー
アンソニーの秀でている所はセットシュートの順序でいうと②の部分です。
アンソニーはボールを持ち上げるスピードが本当に早い。今回着目している選手と比べると、身長が高いのでブロックされにくいのです。
アンソニーにそれに加えてフェイクも入れてきます。②のところが早いのでDFは反応してしまいます。それを利用してファールを狙いにいくので素晴らしいです。

最後に、JJ レディック
個人的にレディックは日本人向けのシュートフォームであると思います。本当に癖がないです。
レディックの見るべきポイントはボールのもらい方です。
僕がいつも着目している場面は、スクリーンを利用し、カール気味にボールもらう場面です。
この場面を見るとレディックのすごさが分かります。
カールすると遠心力が働き身体の重心がずれてしまいます。しかし、レディックはシュートを打つ際、前に飛ぶ傾向があるので、遠心力がシュートを打つ力に変わるのです。

このように、NBAをただただ見るのではなく、自分に活かせる部分はないかと考えながら見るとNBAはもっと楽しいものだと分かります!
今回は以上です!
今回はかなり有力な情報だと僕は思うので、参考になった!と思った方がいればいいなぁ〜と思ってます笑

今シーズンも終盤戦!ここで気になるのは…後編

どうも!最近シュート力には足の筋肉が必要や!と考えて階段を使う生活をしていたら、逆に足の疲れが抜けずシュート力が伸びてないTKです!

今回は前回の続きでレイオフ進出チームウェスタンカンファレンス編です!

前回同様、カンファレンスのトップの順位のチームはおいといて、7位〜10位の入れ替えの可能性が高いチームを見ていきたいと思います!
とりあえず、これを見てください。

(NBAのアプリより)

7位MENと8位DENの勝率を見てみると差が大きいので今回は勝率に差があまりない8位〜10位を見ます笑

8位ナゲッツ。最近はヨギッチの活躍をよく目にしますね。昨シーズンはムディエイがよく目立っていたのに今シーズンは全然😅その前(何年か前)はガリナリがよく目立っていた😂これに気付いた時に僕は「あれ?ナゲッツっておぉ!ってなる選手が出てきてええ感じやんってなるのに、次のシーズンなったら全然目立たん選手多くない?なんか芸人で言うところの一発屋てきな?これで勝てるん?」って思いました笑なので、現状ではプレイオフ進出してもすぐ敗退してしまうんじゃないかと思ってます。

9位がブレイザーズ。正直この順位なのがビックリです。リラード、マコレムのようなスコア面で優秀なGがおって、それに加えてエバンターナーもおる。うーん、もっと上に行けると思うですけどね🤔もぉちょっと詳しくみときます!

10位がマブス。デロンが解雇され、カリーがどんどん活躍していき、それに加えてノエルが加入。シーズンの始めに比べたらかなり良くなってきていますね!バーンズ、マシューズが僕の中であまり目立てていないと思うんですけどセスカリーがステフとはまた別のスタイルでかっこいいと思っているので個人的には頑張って欲しいと思ってるチームです!

最近バイトとバスケで充実していてブログの更新が遅れてしまって本当に申し訳ございません。
一週間に1投稿がまだ守られてない…。
未だにまだコメントが一件もきてないのでちょっと😥ってなってるんですけど、めげずにこれからも頑張って投稿します!

今シーズンも終盤戦!ここで気になるのは…前編

どうも!NBAのオフシーズンの間何の記事書こかなと悩みに悩んでた挙句、気がついたら前回の投稿から1週間過ぎてたTKです!(ちゃんとネタは思いついたのでお許しください☺)

今回は今シーズンも終盤戦に入ったということで気になる、レイオフ進出チームイースタンカンファレンス編です!!

カンファレンスのトップの順位のチームはおいといて、7位〜10位の入れ替えの可能性が高いチームを見ていきたいと思います!
とりあえず、これを見てください。
(NBAのアプリより)

まず、僕が驚いたのが
ピストンズ7位なんや…てところです笑

8位がブルズ。僕の中でなかなか高評価の選手である今ではなかなかいない古風のゴリゴリで泥臭いインサイドプレイヤーのダージギブソンを手放した理由が本当に分からない…。
9位がヒート。ウェイターズの知名度と同時にチームの勝率もグングン上がっている今勢いのあるチーム。正直なところ、デリックウェリアムズをもっとうまいこと起用できていればもっと上位に組み込めたはず(キャブスにデリックウェリアムズが移籍してデリックウェリアムズのポテンシャルの高さを知った人はわかると思います。)。あと、全体的に若いチームなのでベテランのガードの選手が欲しいところ。ドラギッチはどっちかというとスコアラータイプだと思ったので。
10位バックス。アンテトクンポ、確かにあの身長とポテンシャルの高さはガードとして右に出る者はいない。ただ、アウトサイドでのスコアリング能力が低いかなと思います。アンテトクンポと共に勢いがあったジャバリパーカーがケガで離脱したのは本当にバックスにとって痛手だと思います。

このように、自分で各チームを分析した結果こんな感じです!
個人的にはヒートはプレイオフ進出の可能性が1番あると思い、また頑張って欲しいと思ってます😎

今回は以上です。次回はウェスタンカンファレンスについて述べていきたいと思います!

キャブスの補強について

今回はキャブスの補強について述べていきたいと思います!

まぁ、言わなくても分かると思うんですけど
あの、デロンウィリアムズが加入しましたね。
(beyondthebuzzerさんのインスタより)

過去の記事でキャブスはプレイメーカーとして誰を補強するかの記事を記載したのですが、大外れでしたね笑
いやー、デロンウィリアムズが加入するとか誰も予想できないですよ笑
最近のデロンは昔の輝きはどこへ?って思うほどのプレイしかできてないなと思っていましたが、キャブスにプレイメーカーとして加入したのは正解だと思います。
過去にオールスター、アメリカ代表の経歴を持つかれが控えとしてチームに存在するというのはすごい心強いでしょう…😏

僕は、個人的にデロンより注目してる選手がいます。
それは、
デリックウィリアムス!!

デリックウィリアムスはニックスにいた時からなかなか良い選手やなと思っていまして、キャブスではトンプソンの控えとして充分に活躍できると思ってます!
ただ、ボーガットがキャブスに移籍されるかもしれないという噂をTwitterで見かけ、ウィリアムス大丈夫かな…と心配してます笑😅

JRスミス、ケビンラブが復帰すればキャブスはもぉ手に負えなくなるかもしれません!



P.S.キャブスvsセルティックスの試合を観たのですが4Q残り44秒ぐらいのアービングえげつなかったですね笑
結果はキャブスが負けてしまいましたが、あのアービングのプレイは鳥肌立ちました笑




カズンズがペリカンズ(NOP)へ!(ルーのトレードについても触れます)

いやー、今回のトレードの話がなかなか衝撃すぎてぼくの中でオールスターの印象が薄くなってしまいました笑

オールスターに少し触れるとしたらやっぱり、デュラントからウエストブルックへのアシストでしょう。
みてて和みました☺

さて、今回触れたい話題の1つである…
カズンズがペリカンズへトレードされた!
ことです。

詳しく内容を述べると
キングス:デマーカスカズンズ
↑↓
ペリカンズ:バディヒールド
タイリークエバンス
ラングストンギャロウェイ
ドラフト指名権(1巡目と2巡目)
というトレード。
エバンスはもともといたチームに帰るという感じですね。

このトレードについて僕はまぁまぁ良いんじゃないのかとは思います笑
アンソニーデイビス、デマーカスカズンズのツインタワーは現在、代表的なツインタワーであるグリズリーズランドルフとガソルをも凌駕するのではないかと期待してます!
ただ、ロケッツ時代から密かに目をつけていたテレンスジョーンズのことを考えると…
ちょっと可哀想です😭

トレードの不安要素についてペリカンズ目線から考えると
エバンス、ギャロウェイを放出したことによってフロントコートがだいぶ弱ってしまったんじゃないかと思います。
ホリデーがグリズリーズのマイクコンリーのようになればある程度は安定すんじゃないかな?🤔

次は2つ目の話題
ルーウィリアムスがロケッツへ

先程と同じように詳しく内容を述べると
レイカーズ:ルーウィリアムス
↑↓
ロケッツ:コーリーブリュワー
ドラフト1巡目指名権
というトレード。


もぉこのトレードに関してはもぉよくわからないです。😥
ルーウィリアムスはレイカーズでシックスマンとして得点を量産していました。
僕は個人的にあまり好きな選手ではなかったのですが彼の得点力は素晴らしいものだと思っていました。
そんな選手を手放すなんて…
レイカーズレイカーズでなにか作略があるのだと思いますが、ファンとしては納得できません😡

しかも!よりによってブリュワーて!!!
他におったやろ!他に!
まぁドラフト指名権が欲しかっただけかもしれませんけど…

ルーウィリアムスを手放したレイカーズを見て僕は
"こいつらニックヤングもポイッて放出してまうんちゃん"
という、印象がついてしまいました。
あ、僕レイカーズでニックヤングが1番好きなんです笑

まぁ、もぉトレードは実行されてしまっているのでここからトレードされた選手がどのような感じでチームにフィットしていくか目が離せません!

カーメロアンソニー移籍の噂について考察してみた

お久しぶりです!
テスト期間でブログを書く時間さけませんでした。
すみません😥

今回は最近ちらほらTwitterでみかけるカーメロアンソニーの移籍の噂について考察していきたいと思います!

beyondthebuzzerさんのインスタグラムから引用しました

この画像よりカーメロアンソニークリッパーズに行くのでは?という噂をよく聞きます。

僕はもともとクリッパーズファンでして
「あれだけ良い選手が集まっているのになんでプレイオフで勝ち越すことはできないのだろう?🤔」
と、よく考えていました。
そして、出た答えが…

エーススコアラーがいない!です。

それじゃ、噂通りカーメロアンソニークリッパーズに移籍すればいいんちゃん!
と、考える人が多いかもしれません。
カーメロアンソニーはたしかに年齢という部分を抜いてエーススコアラーには最適だと思います。

しかし!

僕はカーメロアンソニークリッパーズに行くべきではないと思います。

それはなぜかというとチームオフェンスのスタイルが違うからです。
クリッパーズのオフェンスを思い浮かべてみてください。
だいたいクリスポールがゲームメイクを繰り広げてませんか?
そこなんです。
カーメロアンソニーはオフェンスの際、ボール保持時間が長いですよね。
なので、合わないと思うんですよ。😑

もしも、カーメロアンソニークリッパーズにいくならカーメロアンソニーもしくはクリッパーズがオフェンススタイルを変えなければいけない、つまり妥協しなければならないと思います。
どちらが妥協したところでそれが勝利に結びつくかということを考えると僕は結びつかないと思います。

では、カーメロアンソニーはどこのチームに行くのが最善なのか?

ニックスのままでいいと思います。
デリックローズ、ジョアキムノアなど移籍してきた選手が多い中、まだ移籍して1年目。
すぐに在籍選手と移籍してきた選手が噛み合うとは思いません。
今は負けが込んでいてナイーブかもしれませんが、噛み合うまで辛抱強く我慢すればニックスはより強いチームになると思います!!

レブロンジェームスが求めるPGを考察してみた!

この様にレブロンジェームスはチームバランスの改善のためにはゲームメイカーつまりPGを欲していると述べています。

そこで今回はESPNによる2016-2017のPGランキングからレブロンジェームスの欲しているつまりCLEに見合うPGは誰なのか考察しようと思います😎
[参考文献]ESPN
http://insider.espn.com/nba/hollinger/statistics/_/position/pg

まず、どの様なタイプのPGが必要なのか?

現時点でのCLEのPGであるカイリーアービングはPGの中でも得点重視のプレイヤーである。
これは、レブロンジェームスが求めるゲームメイカーではない。

では、ゲームメイカーとはどの様なプレイヤーなのか?

僕の答えは"得点重視よりアシスト重視"のプレイヤーではないかと思っている。

では、アシスト重視のプレイヤーは誰?

ESPNのランキングから注目しているプレイヤーをピックアップしてみた
・リッキールビオ MIN
・レイジョンロンド CHI
・クリスポール LAC
・マシューデラベドバ MIL
・イッシュスミス DET
・パトリックベバリー HOU

以上の6人である。
彼らはPGのアシスト部門でTOP15に入っている。

ここからどのプレイヤーがふさわしそうか考察しよう。
レイジョンロンド、クリスポールは過去にオールスター経験があり、スタープレイヤーとして名前が挙がっていた分、サラリーはたかそうなのでチーム経営で見るとCLEに加入するのは難しいかなと…🤔

なので、残りの4人のプレイヤーがふさわしそうかなと思います!

まだ、トレード期間が残っているし、今後のCLEがゲームメイカーとして誰を選出するのか目が離せませんね!😆